Cerberus | 三位一体のスカルプケア

ダメージやくせ毛が気になる方へ│パティエンス公式WEBSHOP

キャピキシル(Capixyl)について

優れた育毛製品には必ずと言っていいほど使用されているキャピキシル

キャピキシルはカナダのLUGAS MEYER COSMETICS社という化粧品会社によって開発された育毛成分です。
医学的な検証に基づくAGA治療薬とは異なり、天然成分に由来する効果を科学的に検証して合成された革命的発毛成分として近年急速に注目を浴びている化粧品原料です。

右図のエンブレムはキャピキシルを3%以上配合した製品にのみ原料メーカーから付与される認証エンブレムで、厳格な基準をクリアし正規に認められた製品にしか送られません。

Capikyl 認証エンブレム


キャピキシルとは

キャピキシルは「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」という成分が主になり、このふたつの成分が組み合わさったものが「キャピキシル」と定義されます。

アカツメクサ花エキス

アカツメクサは「レッドクローバー」とも呼ばれるマメ科の多年生植物で、過去から薬用ハーブとして活用されてきた経緯があります。
アカツメクサ花エキスには「ビオカニンA」という成分が含有されており、脱毛男性ホルモンDHTを生成する5αリダクターゼ還元酵素を強力に阻害する効果があり、進行する脱毛を防ぎます。

アカツメクサ花エキス

アセチルテトラペプチド-3

アセチルテトラペプチド3は極めて強い細胞修復作用を持つ4つのアミノ酸で構成された物質です。
この作用は最前線の医学でも活用されており、切断された四肢や火傷等で傷んだ皮膚の修復に対して高い細胞還元効果がもたらされ、完全に元通りになる症例も少なくありません。
この作用が衰退した毛母細胞の復元にも当てはまり、画期的な発毛作用を発揮します。

アセチルテトラペプチド3

この2つが組み合わされ、発毛・育毛成分として高い作用を持つキャピキシルとなります。



特筆すべきなのはミノキシジルの3倍の効果

キャピキシルは脱毛を止める作用と毛根復元による発毛作用が発生するため、ミノキシジルよりも優れた作用が生まれる。

(開発元であるLUCAS MEYER COSMETICS社における実験結果データより)

育毛率(対%コントロール比)
成長期・休止期の毛髪の増減

高い育毛効果と安全性のキャピキシル

育毛剤使用による副作用で悩む方も多い

AGA治療の代表的な医薬品はフィナステリドとミノキシジルです。
この他にもAGAには効果的な薬品は多数ありますが、日本でも高い効果が認識され代表的な治療薬として実績が多数あります。

フィナステリドとミノキシジルはそもそもAGA治療を前提として開発された医薬品ではなく、前立腺肥大や血圧降下を目的として加発された薬品が薄毛改善効果を持つことによって成分を再編成したものになります。

医薬品は病原に対する破壊・抑制・抗生が目的とされ、その部分に集中的に効果を発揮させるために人為的に生成されるものです。
そのために医薬品となるものには大小問わず必ず副作用が発生します。

キャピキシルは天然草がベースとなる発毛成分ですので、フィナステリドやミノキシジルのような発毛医薬品に見られる副作用の可能性がない点が最大のポイントです。
天然草による成分であることからキャピキシルの知名度が徐々に向上してきた最近においても利用者の報告が多数挙がってきており、実質的にも身体的に影響を及ぼす事例やデータが発生していないことからも、その安全性が非常に高いことが伺えます。

すなわち、キャピキシルが非常に安全性の高い発毛成分であることは明らかです。


キャピキシルを扱う上での注意点

初期脱毛の発生

初期脱毛とは発毛医薬品を使用したAGA治療を行った際に1~2か月ほど抜け毛が増える現象のことで、不健康な髪が多いほど抜け毛が多くなる特徴があります。
これは新毛生成が起こるために発生するもので、痩せて弱った毛根がたくましい髪を生成するための工程で必ず発生します。

毛母細胞が急激に活発化すると、休止期に入っていた髪の毛は、通常より早く成長期に入っていきます。そのため、もともと生えていた古い髪の毛が、成長してきた新しい髪の毛に押し出されることで
弱い休止期の髪が大半となる状態から正常のヘアサイクルを元に戻すための働きです。

大抵のインターネット記事には、「初期脱毛は通常のAGA治療では発生するがキャピキシルには初期脱毛がない」と書かれていることが多いのですが、初期脱毛には個人差があるため完全に脱毛がないわけではありません。

初期脱毛により今ある髪が抜け落ちてしまうことで、悲壮感と焦燥感から育毛ケアの継続を諦めてしまう方もいますが、不健康な髪を抜けさせてヘアサイクルを適正化させるという改善への初動効果でもありますので、毛根活性経過を示している証拠として認識することが大切です。

そもそも育毛ケアはとても根気が必要だということ

キャピキシルに限らず、一般的な育毛剤や発毛医薬品にしても「使った瞬間に目に見えて効果が出た」というケースはとても難しいです。

育毛剤の効果が期待できるようになる期間として、平均的に約3~6か月と言われています。
効果が期待できなかったと言っていた方々のほとんどが1~2か月で使用をやめている場合が多いです。

個人差もあるので、中にはすぐに効果がでたという方もいらっしゃいますが、自分には効果がないとすぐあきらめる前に、もう少し根気強く使用してみることが育毛ケアにとって一番大切なことなのです。

この商品を見た人は、こんな商品にも興味を持っています

RANKING(今人気のアイテム)

キャンペーンで探す

キャピキシルについて

BRONZE-Capixyl
弊社は使用承諾を取得しています

商品チェック履歴

  • 最近チェックした商品はありません。

お客様からのレビュー

SHOP INFORMATION